苦しいときに寄ってくるおまとめローン詐欺

おまとめローンを申し込んでもなかなか審査にとおらないことが少なくありません。それにあせって何度も申し込みを繰り返し、申し込みブラック状態になっていることに気付かない、対策を知らないがために途方にくれてる方もいます。そんなときに、低金利・高額融資の広告やダイレクトメールを目にし、しかも「無審査」や「ブラックOK」の文字まで躍っていたら、気にならないはずがありません。

おまとめローン詐欺は、甘いうたい文句で切羽詰っている多重債務者を騙そうとします。宣伝や直接的なアプローチでおまとめローンの話を持ちかけ、保証金や手数料や謝礼など、とにかく相手にお金を振込ませるよう誘導します。騙されたと気づいたときには後の祭りです。融資してもらえることもなく、騙し取られたお金も返ってはきません。平静時であればまず引っかかるようなことはないのですが、あせっているとおかしなことが書いてあっても、あるいは直接言われても、おかしいと気付けません。

引っかからないためにはどうすれば良いのでしょうか?一番の方法は、冷静であることです。見つけた瞬間「これだ!」と思ってテンションが上がるかもしれませんが、いったん落ち着きましょう。そしてこの金融会社が本物かどうかを調べましょう。正規の金融会社はおまとめローンを提供していても、多重債務者に積極的にアプローチしません。よってダイレクトメールやメールを送ることはないのです。

悪徳業者かどうかを調べるなら、現在存在するまたは存在していた悪徳業者をリスト化した「ヤミ金データベース」というウェブサイトがあるので、そこで検索してみると良いでしょう。ただし全ての悪徳業者登録されているわけではないので、検索に出なかったからといって安心してはいけません。もうひとつ確認した方がいいのが金融庁ホームページにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」です。これは正式に登録されている金融機関を検索するものです。つまりここで結果が出なかったということは正式な金融業者ではないということになります。しかし、悪徳業者は正式に登録されている業者の登録番号を記載していることがあるので、入力項目はできるだけ埋めて検査結果が絞れるようにしましょう。
インターネットが何らかの理由で使えないため調べる事ができないという場合は、電話番号が携帯のものか確認してください。携帯電話である場合は間違いなく悪徳業者です。固定電話であっても連絡はしないでください。

おまとめローンが利用できず、悪徳業者の宣伝に魅力を感じてしまうのであれば、思い切って債務整理の利用を検討するのもひとつの方法です。